重要なお知らせ

2020/05/29  2020年度夏季グローバルスクールの応募期間を変更しました。

2020/05/26  2020年度夏季グローバルスクールはオンライン実施の予定です。詳細につきましては、近日中に当サイトにて発表いたします。

「高校生グローバルスクール」のご案内

現代のグローバル社会が抱える様々な課題の解決には、文系や理系といった学問の枠組みを越えた発想が必要です。そこで、西東京に所在する3 つの国立大学(東京外国語大学、東京農工大学、電気通信大学)は、それぞれの大学の特徴を活かした専門分野の教育だけでなく、文系・理系という垣根を越えた「協働」を学ぶ実践型のグローバル人材育成プログラムを立ち上げました。

 

 2020 年9 月に開催する「高校生グローバルスクール」は、この文理協働を理解する高校生のためのスクールです。文系を志望する人、理系を志望する人、そしてもちろんまだ分野を決めていない人、いずれの皆さんも歓迎します。様々な志を持った人たちと一緒に、グローバル社会が抱える課題の解決策を考えてみませんか。



上へ戻る

セミナーについて

1.高校生グローバルスクールの内容について

皆さんは「SDGs」という言葉を聞いたことがありますか。

 

「Sustainable Development Goals」の略称で、「持続可能な開発目標」という意味です。2015 年 9 月に開催された「国連持続可能な開発サミット」において 採択され、2030 年までに解決を目指す 17の目標が定められました。今回の高校生グローバルスクールでは、この中から「3. Good Health and Well-being( すべての人に健康と福祉を)」をテーマに選びました。

 

健康と福祉を考えるためのひとつの指標に新生児死亡率があります。現代でも、かなりの国々で生後4週間以内の新生児が 1000人あたり 20人以上の割合で亡くなっています。この割合を減らすにはどのような取り組みが必要でしょうか。その他にも、マラリヤや結核、そしてHIV やSARS-CoV-2 などの感染症、交通事故や環境汚染による健康被害など、世界には解決を求められている多くの課題があります。

 

2020 年度夏季「高校生グローバルスクール」では、2 日間にわたり 3 つの大学での講義や演習、グループディスカッションを通して、課題解決への道筋を探ります。

※「SDGs」については、インターネットで検索するか、下記のWebサイトを参考にしてください。

[国連広報センターウェブサイト]:

http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

 

2.日程

 2020 年9 月20 日(日)~ 21(月・祝)

オンラインで実施するスクールです。必ず2 日間の参加が必要です。

3.会場

オンライン実施になります。

4.参加資格

高等学校 1 年生・2 年生 および 中等教育学校 4 年生・5 年生

5.参加費

未定

6.募集人数

36名

7.応募方法

Webエントリーを済ませた後、応募書類を郵送してください。Webエントリーのみでは申し込み完了となりませんので、ご注意ください。

1) Webエントリー

Webエントリー期間:2020年5月11日(月)~ 2020 年6月29日(月)

■受付期間に、当サイト内の上下にある[エントリー]ボタンから エントリーフォームに入り、手続きをお願いします。

2) 応募書類の提出

応募書類受付期間 2020年6月5日(金)~ 2020 年6月 30日(火)必着

  1. 提出書類
  2. 1)「課題作文」
    「8.課題作文」をお読みください。原稿用紙は、こちらよりダウンロードして利用してください。応募者多数の場合、「課題作文」およびエントリー時に記入していただく志望動機により選抜します。
  3. 2)高等学校・中等教育学校からの参加申込確認書
    高等学校の担任の先生、進路指導の先生などに記入していただいた参加申込確認書を提出してください。
    参加申込確認書はこちらよりダウンロードして利用してください。
  4. 提出書類の郵送先
    〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
    電気通信大学 協働高大接続教育センター
    (アドミッションセンター内)
    2020年度夏季「 高校生グローバルスクール」応募書類提出係

 

8.課題作文

課題作文のテーマ:
「9.資料」に掲載される資料を参考に、下記よりテーマを選んだうえでタイトルをつけ、あなたの考えを400 字~ 800 字程度でまとめて下さい。

  1. 1) 感染症とグローバル社会-- 平等な福祉は可能か
  2. 2) 新型コロナウイルスその科学的理解--ウイルスとの攻防戦に勝つためには
  3. 3) ICTはUHC(Universal Health Coverage)にどのように貢献できるか
    * ICT = Information and Communication Technology(情報通信技術)

■課題作文の原稿用紙には、高等学校名・学年・氏名に加えて [ エントリーフォーム ] で発行された申込番号を記入してください。

■当サイトに掲載した参考資料以外に参考にした本や文献がある場合には、文末に著者名・出版年・資料名を記載してください。Web サイトの場合には、サイト名・閲覧年月日・URL を記載してください。(文献に関する情報は, 作文の文字数に含みません。)

■絵や図を使ってもかまいませんが、課題作文の原稿用紙と別のA4 の用紙1 枚にまとめてください。

9.資料

[資料]

資料1 資料2 資料3

[資料となるWebサイト]

以下の、WebページではSDGsや今回のテーマに関して参考となるウェブサイトを掲載しています。こちらも、作文の参考にしてください。

 

  1. SDGs を17の目標ごとにわかりやすく紹介したチラシ、SDGs シリーズ「なぜ大切か」(国連広報センター)
  2. United Nations Sustainable Development のWebサイト
  3. Helping governments and stakeholders make the SDGs a reality(UNITED NATIONS)
  4. ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ - より安全で、より公平、より健康な世界にとって最も優れた投資

10.問合わせ先

〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
電気通信大学 協働高大接続教育センター
(アドミッションセンター内)
電話:042-443-5914
e-mail:contact@kodai.uec.ac.jp

上へ戻る


資料等ダウンロード

以下の[ダウンロード]ボタンより、提出書類, 資料などのダウンロードページへおすすみください。

 


ダウンロード
上へ戻る